· 

複利投資とは

〇はじめに

 

投資での皆さんの目標って何ですか?

 

トレードで数十億円手に入っても、まだ短期トレードを続ける人もいますが

 

結局は配当で安定して生活できるようになりたいって方が多いんじゃないでしょうか?

 

そこで私がやってる複利投資法についてお話ししたいと思います。

(まだ私は複利投資で目標を達成してるわけではありませんので。夢半ばでお話しする事をご了承くださいませ)

※税金も分かりやすくする為計算に入れてません。

 

〇複利投資法とは

 

複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子が付く。~引用 Wikipedia~

 

このように最初に利子で手に入れた5万円をそのまま投資に回す事によって

利子を増やしていく手法です。

 

この図では5万円の利子が次期には5万2千5百円増えました。

次は110万2千5百円に対し利子が5%付くので、5万5千125円利子が入ってきます。

 

では、実際どれくらいのペースで増えていくのでしょうか?

現実的な利子3%で考えてみましょう

このように、3%の利子でも25年で倍の資産になります。

(この表では1000万円スタートにしてますが、100万スタートでも倍になるのは変わりません。)

そのころには利子もスタート時の倍になってますね!

 

 

〇配当

 

では、どうやったら3%も利子が貰えるのでしょうか?

ゆうちょ銀行では現在定期預金で0.01%

100万円預けて年間100円

 

やってらんないですねw

 

以前、配当・優待についてブログを書いたので→こちら

今回はあまり詳しく書きませんが、

2018年1月10日時点で配当が高いのが

日産自動車(7201)配当利回り脅威の4.58%!!!

 

これは凄いですね。どんどんお金増えそう。

 

しかーし!!

注意点があります!!!

株価が下がれば、買った時の評価額は下がりますし業績により配当金も増減があります。

 

東日本大震災までは東電の株で配当貰っとけば一生安泰だなんて言われてましたが、株価は下がるし配当も無くなりました

 

何があるか分からない世の中です。

しっかり企業リサーチをし、慢心はせぬようご注意くださいませ。

 

〇貸株

そして賛否両論分かれる貸株についてついに説明いたします。

(ここを読む際は必ず下の貸株のデメリットの章も読むようにお願いいたします)

貸株とは、証券会社を通して株を空売りしたい人に貸す株の事です。

 

 

(空売りは簡単に言うと株価が下がると思ってる人が、株を借りて売る行為です。)

 

簡単に言っちゃうと証券会社に株を貸すことで貸株金利を受け取れるのです。

 

貸株のメリットとしては毎日貸株金利を貰える

(365日で割った日割り)

企業によってはかなりの高金利

配当貰うとき返して貰えば、配当と貸株金利とダブルで貰える

証券会社で自動返却設定が出来ます。

 

上記は2018年1月15日時点でSBI証券で貸株金利が高そうな銘柄を探してみました。(証券会社・企業によって異なります)

 

JIG-SAWの株を買ってSBIで貸株すれば年間トータル13%も貸株料が貰えます。(時には20%を超える企業もあります)

 

残念ながらJIG-SAWは現在配当が無いようなのでダブル取りは出来ないようです。

 

単純に13%の年利で複利投資をすると7年で元金が倍になります。

それどころか18年目には最初の元金以上の配当が入ってきます。

雪だるま式に増えていきますね。

でもそんな旨い話があるの?って思わないとダメです。

上手い話には裏があります。

 

 

〇貸株のデメリット

一般的な注意事項

1.貸株をした状態で証券会社が倒産すると株を失う。

2.ダブル取りしようとしたら配当金ではなく配当金相当額になるかも?収入が総合課税扱いに。

3.株主優待長期保有特典などのサービスは受けられない可能性。

4.その他もろもろ細かい話は証券会社の注意事項を読んでくだせぇ

 

ここから私の考えるデメリット。

 

〇貸株料金が高いという事は

 →その株を借りて空売りしたい人が多い

 →それだけその株が下がると思ってる人が多いという事です。

 

そしてその空売りしたい人に貸株で燃料を与える事になるのです。

株を貸す人がいなければ空売り出来ないですからね。

 

〇貸株してる事を言ったら、凄く怒り出す人がいるw

 

 敵に燃料与える非国民め!・・・と。

 なので、貸株してても黙ってる方が得策ですw

 

〇貸株料は空売りの人気が無くなるか、貸株する人が増えると減る

 

 配当よりもっと変動があると思っていいです。

 なので、JIG-SAWで7年間金利13%で株価も保ち続ける。

 という夢物語は実際厳しい。

 

 

〇複利投資では時間がかかる?

結局ここなんですよね。

何故皆、短期トレードやイナゴ投資に勤しむのか?

 

すぐ稼ぎたいからなんですよね。

 

でも9兆円稼いだ投資の神様ウォーレン・バフェットは複利投資です。

しかもスタートは100万円程度だった模様。

 

バフェットも年間でマイナスだった年が1回だけあるようですが、

平均年利20~30%くらいで運用しています。

 

あれ?

さっきのJIG-SAWでも13%だったじゃねーか!!

どうやって20~30%も稼ぐんだよ!?

 

って思いますよね。

 

ここからが大事なんです。

 

割安に放置されてる株を安い時に買って、

配当を貰いながら放置。

 

例えば今割安に放置されてる100万円で3%の配当の株を買ったとします。

そして業績に合わせて株価が上がってきて200万円になりました。

(分かりやすくするため極端にしてます)

 

当初3万円の配当の予定が、200万円に上がった事によって6万円の配当になりました。

元本も倍になっています。

 

これこそが複利投資の真髄です。

 

配当の数字だけに目を向けるのではなく、将来値上がりするであろう物を買って放置するのです。

 

私がデメリットのある貸株をしてる理由もここにあります。

 

どうせ株価が上がるのに、

手数料払ってわざわざ空売りご苦労様。

お小遣いありがとね

 

と思いながら貸株してますw

 

もちろん短期的には株価が振るわない可能性もあります。

 

しかし私は将来的に上がると思っている株を買ってますし、

今までそれで配当・貸株・株価の3つの恩恵を受けています。

 

何だかんだ、資産増加に時間がかかっている感じはしません。

(投資を始めた時期も良かった)

 

その為には会社の事をしっかり調べないといけません。

この複利投資法では

株価やチャートを見る時間より、企業を調べる時間に重きを置くべきです。

 

良い投資ほど買った後は退屈なものである

 

ってバフェットが言ってた気がする。

〇まとめ

 

私もまだまだ複利投資を始めたばかりで、

どうなるか分かりませんが、

4~5年前に700万円でスタートして、2017年度は運よく約300万円の配当がありました。 

 

そして2018年1月分の配当収入を2月頭にブログに書きますが、

この複利投資法の凄さを知っていただけるかと思います。

(収入については2月頭に発表するもので最後にしたいと思います。)

 

皆さんもある程度稼げたら複利投資をしてみては?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*'▽')

 

 

ビットフライヤー登録は↓こちらをクリック

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ZAIFの登録は↓こちらをクリック(*'▽')

 

コインチェックの登録は↓こちらをクリック(*'▽')

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村