· 

いまさら聞けないスマートコントラクト

 

スマートコントラクト、スマコンなど

賢そうなTwitterアカウントの方が良く呟いてませんか?

 

今回Dappについて書こうと思ってましたが、

その前にスマコンについて勉強していきましょう!

 

〇なんでスマコンってよく言ってるの?

そもそもなぜ皆スマコン、スマコン言ってるんでしょうね。

 

それは時価総額第2位である

「イーサリアム」がブロックチェーンを活用して

スマートコントラクトを構築するプラットフォームだからなんですね。

注)プラットフォームとはアプリケーションが動作する環境の事。

 

取引を行うと同時に、契約内容まで管理することが出来るんです。

 

そしてイーサリアムをベースにスマートコントラクト系のたくさんの通貨

が出て来てます。

(もちろんイーサリアムと別のチェーンのスマコン系もあります。)

 

 

 

〇スマコンとは?

smart contract=賢い 契約

 

契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図した

コンピュータプロトコルである。

スマコンには第三者を介せずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある。 引用wikipedia

 

実はスマコンはビットコイン誕生より早いんです。

ビットコインが「サトシ・ナカモト」によって論文で初めて紹介されたのが2008年

スマートコントラクトは、

アメリカの法学者・暗号学者である

Nick Szabo」によって1994年に提唱されました。

 

そんな前からあったんですね。

 

分かりやすく言うと自動販売機

 

第三者を介せずに買えますよね。

 

しかしこの取引に契約書はありません

 

コントラクト=契約

 

そうです。

 

契約であって契約書ではないのです。

 

自動販売機にお金を入れて買う。

自動的に契約が成立してるわけですね。

 

その一連の流れも含めコントラクトです。

 

まあ自動販売機自体は古代エジプト時代(紀元前)からあったんですけどねw

 

硬貨を投入すると硬貨の重みで栓が開いて、

蛇口から聖水が出るという完全自動装置だったそうです。

 

凄い。。

 

あくまでスマートコントラクトという「概念」が提唱されたのが1994年。

 

 

ん?野菜無人販売機はスマコンなのか?

 

多分、スマートじゃないからスマコンじゃないw

 

(コンピュータプロトコルとも無縁だしね)

 

 

 

〇スマコンとブロックチェーン

では実質的には紀元前からあるスマコンがなぜ未だに盛り上がってるのか?

 

それはブロックチェーンによって「改ざん不可」な契約情報を残すことが出来るからです。

 

森友学園の文書改ざん問題でさらに注目度が上がったかもしれませんね。

 

さらに!

 

仲介業者を必要としない(手数料が低くなる)取引

安心安全で行えるのです。

 

例えばメル〇リなどで商品を購入する場合。

 

1.商品購入代金をメル〇リに預け。

2.販売者が購入者に商品を送る。

3.購入者が商品が届いたと連絡すると

 メル〇リが販売者にお金を振り込む。

4.メル〇リが販売手数料10%貰う

 

ふむ。素晴らしいシステムですね。

 

しかし、

・仲介業者(第三者)を信用しなければならない事。

・仲介業者に手数料が取られてしまう事。

 

がネックですね。

 

ブロックチェーンを利用するとどうなるか?

 

その前に、エスクローって聞いたことありますか?

 

エスクローとは仲介者(ここで言う仲介業者)を介して決済する方法の事。

 

ブロックチェーンを利用することによって、

仲介者を介さずとも可能なのです。

 

1.商品購入者が代金仮払いをする

2.販売者が仮払いしてるのを確認

3.販売者が商品発送

4.購入者に商品が届いたら、購入者が承認

5.販売者に仮払い金が支払われ決済が完了

 

 

さて、ここで起こりうる問題を考えてみましょう。

 

1.商品購入者が代金仮払いをする

ここは特に問題なし

 

2.販売者が仮払いしてるのを確認

ここも問題なし

 

3.販売者が商品発送

発送しなかった場合

 一定期間内に発送が無ければ購入者が払った仮払金が返金される。

 というシステムにしておけばOK

 

4.購入者に商品が届いたら、購入者が承認

承認しなかった場

 一定期間無視すれば、仮払金も返却され持ち逃げが可能

→これを防ぐ為、「運送業者」と「購入者」による到着処理をすれば良いのでは?

 (ハンコなんていう誤魔化せる悪しき習慣を失くして、品物渡す時にブロックチェーン上の受領処理)

 

5.販売者に仮払い金が支払われ決済が完了

 

6.商品に問題があった場合。

→運送業者と購入者による到着処理も「仮」到着処理にする、

 一定期間処理を伸ばすシステムにしておきその間に連絡を取り

 ・・・どうにかこうにかwww(考えるのが面倒になった)

 

個人間でもクーリングオフ契約をブロックチェーンに刻んでおくと良いかもですね。

なんかボヤッとした感じになってすみませんw

 

↑上記のやり方は私が考えたもので、もっと良いやり方があるのかも('ω')

 

 

 

他にもオークションでも利用できます。

 

Dapps for Beginnerというサイトで分かりやすくコード付きで説明してくれてます

こちら

 

 

 

ん~いつの間にかDappに踏み込んでしまった感ある。

 

 

 

他にも警察24時とかで見るような

キャバクラで3000円のみの支払いでいいよ~

って言ってたのにボッタくりにあったみたいな。

 

これもスマコンでブロックチェーンに刻んで

資金も最初にプールさせてお支払い時に履行すれば・・・

 

お酒飲んでる時にそんな事したくないかw

 

 

 

 

〇問題点

契約がプログラミング言語だったりするので、簡易的な物が求められる。

 

 →最近ではユーザーフレンドリーな物もだんだん出てきている。

 

 →NEMのアポスティーユはプログラミングする必要もなく比較的簡単だったりするが、

 よくTwitterでプライベートキーを晒してしまっている人がいる。

 

 簡単な物が出てきてるとはいえ、

 一般人(会社のおっさん連中など)が使うにはまだハードルがある。

 

プライバシー問題。

 シークレットコントラクト通貨に期待「エニグマ」など

  →ここは改めてまとめたい

 

手数料増加問題

 システムが複雑になるほど手数料が加算されていきます。

 仲介業者を経由しない分お得ですが、

 通貨の値動きによって変動する可能性もある

 

 →オンチェーンとオフチェーンの使い分けに期待。Enigma

 

 →チェーン自体ををスケーリングするsharding

 (データベースを水平方向に分割、並列して処理を行う)

 

 →チェーンを階層状に何個も作るPlasma

  (スマートコントラクトを自律的に強制実行)

 

などなど問題点も色々あると思いますが、少しづつ問題も解決されつつありますし、

ブロックチェーン利用によるスマコンは高確率で広まっていくと思っています。

 

特にスマコン後進国日本はさっさとどうにかしろよ!!

 

 

 

 

とまあここまで書いてみましたが、

私自身理解してると思ってたのですが、文字にすると意外と自信がなく

 所々、うどんさんにアドバイス貰ったりしちゃいましたw

感謝。

 

間違ってる所もあるかもなので、何かありましたらドシドシご連絡くださいまし。

 

言葉の説明系のブログ書いてる人しゅごい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*'▽')

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

 

ビットバンクの登録は↓こちらをクリック

 

ビットフライヤー登録は↓こちらをクリック

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ZAIFの登録は↓こちらをクリック(*'▽')