· 

株の上場、取引所、証券会社とは?

株やりたいけど、一部上場、ジャスダックなど何言ってるの?

 

って不安で手が出ない人たくさんいらっしゃると思います。

今回は最初に引っかかるであろうこれらの内容について説明します。

 

株ってどういうものか?

簡単に説明したものは⇒株って何?危ないの?

間違いやすい用語の読み方はこちら⇒株の基本用語、読み方講座

〇上場企業とは

日本では2006年以降に作られた会社は基本的に「株式会社」です。

「有限会社」は2006年以降は作れなくなりました。

 

株式会社は株を発行してそれを買ってもらい資金調達をします。

(資金調達方法はもちろん他にもあります)

 

しかし、株を発行したからといって

簡単に株を買ってくれる人が現れるわけではありません。

そこで証券取引所に株式を公開(上場)すると、

多くの人の目に付き、買ってくれる人が現れやすくなります。

 

証券取引所毎に上場の条件があり、

株式を証券取引所に公開した企業を上場企業と言います。

 

 

〇日本の証券取引所

日本には4つの証券取引所があります。

 

・東京証券取引所(東証)

・札幌証券取引所(札証)

・名古屋証券取引所(名証)

・福岡証券取引所(福証)

 

正直、東京証券取引所だけ覚えておけば問題ない気がします(ボソ

 

 

〇市場(しじょう)

東証には5つの市場があります。

とりあえず株についてふわっと理解していただきたいので、

細かい話は無しにしましょう。

ふわっと説明します

 

1.東証一部

 大・中企業が上場している市場。

 日本企業約2000社。海外約3社。

 指数連動型投資信託やTOPIX(東証株価指数)に組み入れられ

 機械的な買い需要が発生します。

 

 一部に上場するには色んな条件があり、

 一流企業の証でもあります。

 こう覚えておきましょう。

 日本でいっちゃんええ市場

 

2.東証二部

 一部よりちょっと上場の条件が緩いです。

 日本企業約500社。海外約1社。

 まず二部で実績を積んで一部上場を目指す企業も多いです。

 こう覚えておきましょう

 お堅め虎視眈々市場(私の勝手なイメージ)

 

 

3.マザーズ

 新興市場と呼ばれ(開業して日が浅い)将来的に一部上場を目指す企業が多い。

 日本企業日本企業約240社。海外約1社。

 東証一部二部に比べると値動きが激しいイメージ。

 マザーズで10年経過するとマザーズに残るか二部上場を選べます。

 (条件をクリアしていれば一部上場も可)

 こう覚えておきましょう

 一部上場目指す長企業向け市場

 

 私の好き会社インフォテリア(アステリア)株式会社も

 マザーズで10年ほどの時を経て東証1部に上場いたしました。

 

4.ジャスダック(JASDAQ)

 マザーズと同じく新興市場と呼ばれる。

 日本企業スタンダード日本企業約700社。海外約1社。

     グロース日本企業約40社。海外約0社。

 ITなど多くのベンチャー企業が属する。

 スタンダードはそこそこ成長しており、存続性がある企業

 グロースはこれから発展しまっせ企業。

 マザーズと同様値動きが激しい。

 こう覚えておきましょう。

 一部上場別に狙ってるわけじゃないけどイケイケどんどん市場

 

 

5.TOKYO PRO Market

 プロ向け市場制度

 国内外のプロ投資家に新たな投資機会を提供するウンタラカンタラ

 こう覚えておきましょう。

 良く分からん市場

 

 

〇証券会社と証券取引所

証券会社はたくさんあります。

例えば証券会社人気ランキングでほぼ1位のSBI証券↓

 

少額の取引で手数料が最安値水準DMM株↓

など、他にもたくさんあります。

証券会社によって

手数料やチャート、板などの見やすさなどに違いがあります。

 

そして証券取引所は上記で説明した4か所ですね。

 

基本、「証券会社」に注文を出します

取引所に注文を出すのではないんですね。

 

 

証券会社に注文を出すと、証券会社から証券取引所に注文が通り

証券取引所から証券会社、そして個人に株券が届く(電子上)というわけです。

そしてほとんどの銘柄が東証での取引のみとなっています。

その為、いろんな証券会社がありますが取引所は統一の為、

仮想通貨みたいに証券会社による「価格差」はありません

(稀に福岡証券取引所と東証と重複上場みたいな銘柄があり、

取引所による価格差が出る事がある)

 

 

こう見ると取引にタイムラグがあるように感じますが、

感覚的にほぼノータイムで注文が通ると思います。

 

 

※東証一部、二部、マザーズ、ジャスダック上場銘柄も

 東京証券取引所での取引になります。

 

 

〇まとめ

なんとなくイメージ出来たでしょうか?

ちょっとずつ株用語などの説明を書いていきますが

仮想通貨に比べるとシンプルです。

是非この機会に株を始めてはいかがでしょうか?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*'▽')

↓ここクリックしてくれるとランキング上がるのかな?

 モチベーションになるのでよろしくお願いします ^^) _旦~~

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

 

↓株取引「SBI証券」

 ↓株取引「DMM株」

↓株取引「日産証券」

日産証券 ネット現株