· 

株の価格はどう判断?➁PER

 

 

株の価格の算定方法第二弾!

第一弾では純粋な価値判断について書きました。

今回は期待値についてです。

 

第一弾はこちら⇒株の価格はどう判断?①純資産法

 読んでない方は先に①を見ていただきたい。

 

株がどんなものかというのはこちら→株って何?危ないの?

基本用語1→株の基本用語、読み方講座

基本用語2→株の上場、取引所、証券会社とは

〇期待値とは

 

株価は現時点の会社の価値だけで

形成される物ではありません。

将来、どれだけ会社が大きくなるか?

という期待が含まれた株価になります。

 

株価=純資産+期待値+α

 

例えば、時価総額50億円の企業が

2兆円市場のシェア10%取れるであろう

商品開発に着手と発表しました。

 

それを「真に受ける」

2,000億円の売り上げが加わる訳です。

 

まだ発売どころか商品も出来ていないのに

株価はほぼ間違いなく爆上げするでしょう。

 

 

まだ、その企業の純資産が50億だとしても

時価総額は瞬間的に150億を超えるかもしれません。

 

まあその後大幅な下落が訪れるのですが、

(なぜならまだ実績ではない為)

下落後も時価総額50億に戻る事は

ほぼないでしょう。

75億とかで推移するかもしれません。

 

なぜなら、2,000億円の売り上げを

期待してるからです。

(下落で売るタイミングを逃した人もいる)

 

 

〇PER(ピー・イー・アール)

 

パーと読んでも良いようです。

割安判断かどうかの判断方法で

最も有名かもしれません。

 

PER=株価÷1株益(純利益÷株数)

又は

PER=時価総額(株価×株数)÷純利益

で求められます。

 

例)時価総額100億÷純利益10億=PER10(倍)

 

ここでの利益は

当期純利益を利用します。

 

 

PERの数字が低いほど利益に対して

株価が割安だと言えます。

 

業績が安定している時は

15倍程度が標準です。

(注:業種によって標準は異なる

同業他社のPERを見比べる事が大事)

 

この時のPER15倍を言い換えると

 

「この純利益が15年続くと

今の時価総額と同じだけ稼げる」

 

という意味です。

 

ということは、

外的要因などを全て無視し

同じだけ企業が利益を出し続けた場合。

 

15年持ち続けたら、負けは無い。

 

という事になります。

現実はそんなに単純ではありませんが、

PERが5だった場合は、

5年で良いわけです。

 

これが数字が低い=割安の根拠です。

 

業種によって標準は異なると書きましたが、

IT関係やスマホゲーム関係の会社は

一発当てた時の成長率が凄まじい為、

PERが200倍とかになる事もザラにあります。

 

分かりやすくする為、

ずっと同じ利益=成長率0%

で考えてきました。

 

しかし本来、

成長拡大する企業に投資するものです。

 

では、成長率を加味して見ましょう。

 

この表は、3年間この成長率で成長、

その後成長率が0%になったパターンです。

 

パズドラを当てたガンホーなどを

見てもらったら分かりますが、

そのまま伸び続けるのも中々難しいので、

3年間の成長率が止まる表にしてます。

 

30%以降の成長率とPERは

同じだと思ってもらって良いです。

 

中には凄い伸び続ける会社もあります。

 

 

ちなみにZOZOTOWNで有名な

スタートトゥデイ(3092)の

当期純利益です。

こういう企業を見付けたいですね。

 

 

〇まとめ

 

ここまでPERの説明をして、

こんな事言うのもどうかと思いますが

私はあんまり好きじゃないですw

 

メジャーなので良く会話で出てきますし、

おおよその「目安」にはなるので、

基本の一つとして覚えておきましょう。

 

また次回、

別の視点の方法を書きたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*'▽')

↓ここクリックしてくれるとランキング上がるのかな?

 モチベーションになるのでよろしくお願いします ^^) _旦~~

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

 

↓株取引「SBI証券」

 ↓株取引「DMM株」

↓株取引「日産証券」

日産証券 ネット現株